BCP|取材実績・授業紹介

取材実績

国立大学協会広報誌『国立大学』第49巻(2018年6月号)

リカレント教育の特集において、「地域の学び直し需要に応える」プログラムとして、BCPが取り上げられました(13-14ページ)。修了生2名とプログラム統括担当教員へのインタビューで主に構成されています。

こちらをご覧ください。

授業紹介

特講(マネジメント実践Ⅲ|東邦銀行寄附講義)

株式会社トッパンウェルネスマインド(外部サイト)にて紹介されています。

最終報告・審査会

BCP院生(当時)のMWさんが最終報告・審査会の様子をエッセイにまとめてくださいました。

------------------------------------------------

2017年2月11日(土)、ビジネスキャリア・プログラム(BCP)の最終報告・審査会が福島大学街なかブランチ舟場で開催されました。創設から2年目を迎えた2016年度にBCPでは初めての修了生を送り出すことになります。

BCPの修了研究では、修士論文に代えて、自らの業務に関連したレポートである「課題研究」を作成することになっています。この日はその最終報告と審査で、4名の院生が臨みました。教員と他の院生を前に、緊張しながらも、修了研究の発表、質疑応答、口頭試問を無事に終えることができました。

午後には、修士1年生による次年度の研究計画発表会も行われました。同発表会は、各自院生の研究テーマに関して、多様な専門分野の教員と異なるビジネス背景をもつ院生から貴重なアドバイスをいただきながら、今後の研究内容と研究計画を見直す場です。経営学を学びながらビジネスリテラシーの向上を目指す社会人院生に好評のイベントでもあります。

最終審査会と研究計画発表会の終了後は、参加者で懇親会を開きました。メンバーの年齢層は20代前半から60代まで幅広く、また業界/業種も民間企業・公務員・士業(建築士、社会保険労務士、理学療法士)など多様です。一見共通点がなさそうなメンバーですが、BCP同窓生として、大学院の研究や様々な話題で盛り上がりました。