全般

目次

  • 専攻とコース|経済学専攻、経営学専攻、修士論文コース、課題研究コース
  • 特色あるプログラム|地域産業復興、グローカル政治経済学、BCP、会計税務
  • 多様な学び方|他研究科の科目履修、社会人の学びを支援、よくあるお問い合わせ

時間割・シラバス(教務課サイト) >>>

New:大学院経済学研究科では、2019年4月の入学者を募集します。詳細はこちら

専攻とコース

専攻

本研究科には,経済学専攻と経営学専攻の2つがあります。専攻は専門領域を示す最も大きな枠組みです。出願時に選択する必要があります。各専攻にはそれぞれ研究指導を行う教員(=指導教員)が配置されています。

経済学専攻

経済学専攻では,経済学のさまざまな理論や手法をしっかりと身につけながら,自分のテーマに沿った研究を行います。制度や政策を深く理解したり,物事を歴史的に考察したり,国際社会や地域,市場や産業の諸問題を掘り下げたりして理論的・実証的な分析に取組み,論理的思考力を磨きます。これらの研究を通して,公務員としての政策立案担当や地域企業の経営,NGOやNPO,公的私的諸機関の運営において求められる柔軟な発想や適切な判断力を身につけていきます。社会で活躍できる諸能力を身につけようとする方のみならず,職務上の問題意識の整理や多年の実務経験の集大成を行おうとする方にも対応しています。後述の地域産業復興プログラムおよびグローカル政治経済学プログラムを希望するかたは経済学専攻を選択してください。プログラムの詳細は後述します。

経営学専攻

経営学専攻は,大きく経営学領域(狭義の経営学)と会計学領域に二分されます。学生はいずれかの領域に主軸を置いて専門科目や演習を履修しますが,関心のある専門科目を互いに履修することもできます。また,主に社会人の方々がそれぞれの領域を効果的・効率的に学べるように,経営学領域にはビジネスキャリア・プログラム(BCP),会計学領域には会計税務プログラムがあります。この2つのプログラムを希望するかたは,出願時に経営学専攻を選択してください。プログラムの詳細は後述します。

コース

本研究科においてコースとは,研究・履修様式を示すものです。修士論文コースと課題研究コースに分かれます。修士1年7月下旬にコースの申請を行います。入試形態に関わらず,演習担当教員の指導のもとでどちらかのコースを選択します。

修士論文コース

修士論文の作成を必須とし,それを目指した指導が行われます。オーソドックスな社会科学系大学院の研究・履修様式を踏襲するものです。税理士試験の科目免除を目指すかたは,社会人院生でも修士論文コースを選びます。

課題研究コース

修士論文の作成を必須とせず,代わりに,実務経験などと関連した特定の課題についての研究レポート,すなわち課題研究を作成します。社会人院生の多くは課題研究コースで学んでいます。なおビジネスキャリア・プログラム(BCP)は課題研究コースのみです。

特色あるプログラム

本研究科においてプログラムとは,特定のテーマに関心のある方のために体系的に編成された科目群(演習科目および専門科目)のことです。現在,以下の4つがあります。

  • 地域産業復興プログラム
  • グローカル政治経済学プログラム
  • ビジネスキャリア・プログラム(BCP)
  • 会計税務プログラム

プログラム履修を希望する方は,出願の際に願書の所定欄にご記入ください。出願時点で未定の方は入学式同日の個別面談を経て決定されます。

地域産業復興プログラム|経済学専攻

フィールドにおける実践を通じた研究教育(PBL: Project Based Learning)を重視し、福島県をはじめとする国内の地域産業復興の担い手となるエキスパートを養成するためのプログラムです。ふくしま未来食・農教育領域では,震災・原発事故後の福島県内の農業や地域の復興,食の安全・安心を支える高度な人材を育成します。また2017年度に新設した公共政策デザイン領域では,地域の産業や社会が抱える諸問題を解決し,福島県をはじめとする地域経済の復興に貢献するエキスパートの養成を目指します。

詳しくはこちら

グローカル政治経済学プログラム|経済学専攻

グローカル(グローバル+ローカル)な視点で地域と世界をつなぐエキスパートを養成することを目的としています。世界の経済,経済の歴史,経済学の考え方を学び,近年の世界情勢や研究動向に応じて知見をヴァージョンアップするとともに,国内外のフィールドワークにおける実践を通じた問題発見解決型学習を行います。

詳しくはこちら

ビジネスキャリア・プログラム(BCP)|経営学専攻

主として社会人のみなさんに向けて,ビジネスに関わる多様な科目群を,仕事と両立しやすい土日昼間(10:30-17:00,休憩含む)に集中的に提供し、ビジネスリテラシーの学習を体系的に支援します。大人の学び場として、院生と教員がコミュニティを形成しています。

詳しくはこちら

会計税務プログラム|経営学専攻

本学同窓生,地元会計専門家から協力を得ながら,次世代の会計専門家を養成するためのプログラムです。本プログラム受講者は,会計・税務に関する科目群を集中的に学びます。研究者による理論的な講義だけでなく,実務家による実践的な講義を提供します。経理マン,商業高校教諭,ビジネスマン,税理士など会計専門家を目指す方にお勧めです。

詳しくはこちら

多様な学び方

他研究科の科目履修

本学の他研究科(人間発達文化研究科,地域政策科学研究科,共生システム理工学研究科)で開講される授業については,指導教員および履修を希望する授業科目の担当教員に事前承諾を受け,指定の期間内に申請することにより履修できます。

社会人の学びを支援

詳しくはこちら

よくあるお問い合わせ

詳しくはこちら

大学院案内 (PDF)