ビジネスキャリア・プログラム(BCP)

ねらい

近年、企業の人材ニーズや個人の働き方は、性別にかかわらず、いっそう多様化・流動化しています。その結果、キャリアの節目(昇進、異動、転職、職場復帰など)に備えて自らの意志でビジネスリテラシーを身に付ける必要性がますます高まっています。

こうしたことから本プログラムでは、社会人のみなさんに向けて、ビジネスに関わる多様な科目群を、仕事と両立しやすい土日の昼間に集中的に提供し、ビジネスリテラシーの学習を体系的に支援します。

パンフレットはこちら


授業紹介

ここでは一例として、特講(マネジメント実践Ⅲ)の様子をご紹介します。
こちらをご覧ください。


科目群

平成29(2017)年度の開講計画(一部変更の可能性があります)

前期(04-07月)*確定は3月末
4月
 04火(昼) 入学式、経済学研究科ガイダンス ※1
 08土   マーケティング概論① 遠藤 明子 【舟場】
 09日   マネジメント概論① 野口 寛樹 【舟場】
 15土−16日 データ活用のための統計学Ⅰ①② 井上 健(2年次以上対象)/予備日
 22土   マーケティング概論② 遠藤 明子 【舟場】
 23日   マネジメント概論② 野口 寛樹 【舟場】
 29土−30日 (休講日)
5月
 06土   組織論① 野口 寛樹 【舟場】
 07日   競争戦略① 尹 卿烈 【舟場】
 13土−14日 データ活用のための統計学Ⅱ①② 井上 健(2年次以上対象)
 20土   組織論② 野口 寛樹 【舟場】
 21日   競争戦略② 尹 卿烈 【舟場】
 27土−28日 (休講日)
6月
 03土−04日 予備日
 10土−11日 リーダーシップ①② 岩井 秀樹 氏(㈱キュムラス・インスティチュート 代表取締役)
 17土−18日 (休講日)
 24土−25日 国際化戦略①② 渡邉 万里子 氏(東京理科大学経営学部)
7月
 01土   ビジネス・イノベーション① 尹 卿烈 【舟場】
 02日   入門演習① 遠藤 明子 【舟場】
 08土−09日 (休講日)
 15土   ビジネス・イノベーション② 尹 卿烈 【舟場】
 16日   入門演習② 遠藤 明子 【舟場】
 22土−23日 予備日
 29土   前期最終報告会・最終審査 【舟場】

夏期(08-09月)
8月
 05土−06日 マネジメント実践Ⅰ①②東邦銀行寄附講義
  岩崎 玲子 氏(㈱トッパンマインドウェルネス 代表取締役社長)
 12土−13日 (休講日)
 19土−20日 マネジメント実践Ⅱ①②東邦銀行寄附講義
  岩崎 玲子 氏(㈱トッパンマインドウェルネス 代表取締役社長)
 26土−27日 予備日
9月
 02土−03日 マーケティング実践Ⅱ①②東邦銀行寄附講義
  畦地 裕 氏三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱ チーフコンサルタント
 09土−10日 (休講日)
 16土−17日 マーケティング実践Ⅰ①②東邦銀行寄附講義
  清水 信年 氏(流通科学大学商学部 教授)
 23土−24日 予備日

後期(10-01月)*確定は9月頭
10月
 9/30土  消費者行動① 中村 陽人 【舟場】
 01日   フードシステム分析① 則籐 孝志 【舟場】
 07土−08日 (休講日)
 14土   消費者行動② 中村 陽人 【舟場】
 15日   フードシステム分析② 則籐 孝志 【舟場】
 21土−22日 人的資源管理①② 上野山 達哉 氏(大阪府立大学経済学部)
 28土−29日 (休講日)
11月
 04土−05日 (休講日)
 11土−12日 実践演習①② 奥本 英樹 【金谷川】
 18土−19日 実践演習③④ 奥本 英樹 【金谷川】
 25土   地域経営① 則籐 孝志 【舟場】
 26日           予備日
12月
 02土−03日 (休講日)
 09土   地域経営② 則籐 孝志 【舟場】
 10日           予備日
 16土−17日 国際化のマネジメント①② 渡邉 万里子 氏(東京理科大学経営学部)
01月
 27土−28日 予備日
02月
 03土−04日 ビジネス統計①② 中村 陽人 【舟場】
 10土   後期最終報告会・最終審査 【舟場】

※1. 入学式およびガイダンスのみ平日昼間の実施です。

※2. 予備日とは、講師急病や公共交通機関の遅延等によって生じた休講に対する補講日を指します。

※3. 教員名の横に【舟場】とある場合は、福島駅徒歩15分の街なかブランチ舟場で授業を行います。無印の場合は金谷川キャンパスです。

※4. 科目名の丸数字はその科目が授業の何日目かを示します(①は1日目)。単位修得するにはその科目の全日程(入門演習と講義科目は2日間、実践演習は4日間)を受講する必要があります。

※5. ビジネスキャリア・プログラム(BCP)以外の経済学研究科の講義科目(平日開講)も履修することができます。ただし、自主学習時間確保の観点から、講義・演習合わせ半期14単位の履修上限(キャップ制度)があります。また、長期履修学生制度(後述)においては、3年履修は半期10単位、4年履修は半期8単位の上限となります。

※6. ビジネスキャリア・プログラム(BCP)では、科目等履修生を受け付けておりません



長期履修学生制度の活用

本プログラムの科目はすべて集中講義のため、やむを得ない理由であっても遅刻や欠席が生じると、同一科目を同一年度内に単位修得することはほぼ不可能です。したがって最短2年での修了を目指すには、特に1年次に、4月中旬から12月中旬(補講がある場合は1月下旬)までの間、ほぼ毎週末、授業に出席できるよう時間を確保する必要があります(4−5月の大型連休、8月のお盆時期、2−3月の入試時期は、原則として授業がありません)。

そこで、ほぼ毎週末の受講が難しい方に向けて、3年間または4年間で修学する、長期履修学生制度があります。BCP演習生の半数は長期履修学生制度を選択しており、仕事・家庭・学業の時間的バランスをとっています。

長期履修学生制度のもとでは、2年間分の授業総額をあらかじめ認められた一定の修業年限で除した額にしそれぞれの年度に納めていただくため、授業料総額は同じです。例えば、以下のような履修計画を立てられます(一例)。

1年次
 前期 04−07月:講義科目 4週、入門演習 1週
 夏期 08−09月:講義科目 4週
 後期 10−01月:講義科目 3週、実践演習 2週
2年次
 前期 04−07月:講義科目 4週
 夏期 08−09月:講義科目 5週
 後期 10−01月:講義科目 3週
3年次
 前期 04−07月:課題演習 6−8週(土曜のみ)
 夏期 08−09月:なし
 後期 10−01月:課題演習 6−8週(土曜のみ)

長期履修の場合、課題研究(レポート)は最終年度のみ単位認定の対象となります(3年履修の場合は3年次、4年履修の場合は4年次)。

申請時期は、入学前に行う場合と、入学後に行う場合の2通りがあります。申請時期が限られているため、計画的な意思決定が求められます。
  • 入学前に行う場合:入学手続きと同時に申請する必要があります。4年履修と3年履修の2つから選ぶことができます。また、修士1年次2月の1回に限り、在学中に長期履修期間の短縮または延長申請が可能です。
  • 入学後に行う場合:修士1年次2月の1回に限り申請ができます。この場合は3年履修のみです。入学時から起算して3年間という意味で、修士1年+2年間という計算です。 
なお、3年履修は半期10単位、4年履修は半期8単位の履修上限(キャップ制度)があります(通常の2年履修の場合、履修上限は半期14単位)。

長期履修学生制度についてのお問い合わせは、教務課 経済学研究科担当(電話:024-548-8356)まで。


お問い合わせ

経済経営学類・経済学研究科 支援室まで。
電話:024-548-8353
メール:keizai @ adb.fukushima-u.ac.jp

※迷惑メール対策のためにアットマーク(@)前後に空白を設定してあります。メール送信の際はこれらの空白を削除してください。