2017年6月15日木曜日

東邦銀行・北村清士頭取による「地方銀行経営」の講義が行われました(5/31)

 平成23年から毎年開講され,本年度が7回目となる東邦銀行提供講義「地域金融論」が4月から始まり,多くの学生が熱心に受講しています。この講義は,毎週,東邦銀行のさまざまな部門の役職員のかたが講師となって,東邦銀行での事例を中心に地域経済と地方銀行の関わりを多方面から講義いただいています。


 7回目にあたる5月31日には,北村清士頭取による「地方銀行経営」と題した講義が行われました。北村頭取が自ら陣頭指揮をとられた東日本大震災後の東邦銀行の対応,震災翌月にコーポレート・メッセージを現行の「すべてを地域のために」へ変更したことなど,印象深い内容も多く,講義のあとには学生からも多くの質問が出され,頭取には一つ一つの疑問に丁寧にお答えいただきました。ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿