2017年2月15日水曜日

ゼミ活動報告:「新しいことへの挑戦」(衣川修平ゼミ)

※福島大学経済経営学類後援会会報  53号(2017.1/27発行) 転載記事

ゼミ活動報告

新しいことへの挑戦

企業経営専攻 衣川修平ゼミ3年 久保田恵理

私たちはゼミ活動で、日商簿記1級の問題を解くこととグループごとに分かれてそれぞれ研究をしています。簿記の問題はみんなで相談しあいながら解き、みんなで解答して楽しみながら学んでいます。研究は今年から新しい試みとして、3年生が2グループに分かれてペット産業と粉飾決算について深めています。研究を行うことが初めてでどう行っていけばよいか手探り状態であり、思うようにいかない部分も多いですが、衣川先生の助言をいただきながら頑張っています。2年生は、輪読をして報告しあう活動を行っています。ゼミ全体での活動は簿記の問題を解く1時間だけですが、研究をグループごとに分けることでそれぞれが興味のあることについて意識的に取り組んでいます。

今年の衣川ゼミは2年生14人、3年生12人、4年生9人ととても人数が多く、元気に活動しています。「個人のやりたいことを尊重し自由に」をモットーに伸び伸びと活動できるような環境を作っています。

また、ゼミ活動以外に工場見学や夏合宿、芋煮会などのイベントも行っています。工場見学は福島刑務所に行きました。普通なら関わることのない刑務所に見学に行き、刑務所内の実態を知りました。少し息苦しいような雰囲気でしたが、良い社会勉強になりました。夏合宿では裏磐梯に行き、グループ研究の中間報告を行いました。報告をして質問される中で、理解していたつもりが理解しきれていなかったところや、今後さらに深めていかなければいけないところを見つけることができた、良い報告会になりました。2日目は桧原湖と世界のガラス館に行きました。桧原湖では遊覧船に乗り、裏磐梯の景色を眺め疲れを癒しました。世界のガラス館は隣接して猪苗代地ビール館と猪苗代おかし館があり、綺麗なガラス製品を見たり昼からビールを飲んだりと楽しみました。今年は入ったばかりの2年生も多く参加し、親睦を深めるとともに良い刺激になりました。

芋煮会では毎年2年生が主体で行い、今年は新しく塩味のものがありました。塩味の芋煮は新しい発想でしたがおいしくいただきました。

このように衣川ゼミでは、電卓を叩いて計算したりパソコンを叩いて研究したり、時にはふらりと街に出てみたり様々な経験をしています。そして、これからも衣川先生と大勢のゼミ生達と、元気に楽しく多くの経験と知識を積み重ねて行きたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿