2015年7月2日木曜日

ゼミ活動報告: ゼミの日常2014(佐藤ゼミ)

※後援会報  49号(2015.1/23発行) 転載記事

齋藤啓吾 (佐藤寿博ゼミ)

 佐藤ゼミは金曜と火曜の週2回活動しています。
金曜の本ゼミでの活動は議論をしながら教科書をより深く理解するというものです。先生からの質問にゼミ生全員で答えていくのですが、たまに、先生がグラフや公式の求め方や使い方など教科書にも載っていないような難しい質問をして、みんなでキョトンとして顔を見合わせる場面があります。そんなときでも、少しずつヒントを出してくれて最終的には正しい理解に導いてくれるのが佐藤先生のすごいところです。火曜のサブゼミでは、EREに向けての勉強会をしています。本ゼミ・サブゼミ合わせて経済学の本質的なこともテクニカルなことも理解できるようになっていると思います。

 このように、基本的にはすごく真面目ですが、ゼミの雰囲気はほんわかしていて時間がゆっくり進んでるんじゃないかと錯覚するほどです。というのも、先生がギャグと雑学を織り交ぜながら優しく教えてくれるからです。そんな先生が笑顔で毒舌を吐くのが個人的にはツボです。また、季節ごとに花見に行ったり、芋煮会をしたりイベントも豊富です。この間芋煮をしたときには山形風と宮城風の2つを作り食べ比べをしました。自分は宮城出身ですが、山形風も悪くないなと思いました。他には、何もないときでもクイズなどでゼミの時間のほとんどが終わってしまうこともあったりと全体的に自由な雰囲気です。

 こんな感じで、集中するときと力を抜くときのオンオフがはっきりしているのが、このゼミのいいところだと思います。先輩によるとこれが佐藤ゼミの伝統ということなので、2年生もそして、来年入るであろう後輩にもこの伝統を受け継いでいって欲しいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿