2015年5月13日水曜日

西川教授 「新たな未来へ!ふくしま経済ナビゲーション(福島放送)」 に出演

本学類で中小企業論を担当している西川和明教授が福島放送(KFB)で月1回放送している中小企業関連の番組に出演しています。

福島放送(KFB)では、震災を経て4年になるにもかかわらず厳しい状況に直面している福島県で元気に活躍する中小企業を紹介する「新たな未来へ!ふくしま経済ナビゲーション」を、この4月より毎月第3土曜日午前11時から15分間放送しています。この番組ではラジオ福島を定年退職されて今はフリーアナウンサーをしている大和田新さんとKFB の笠置わか菜アナウンサーがMCを、西川教授はナビゲーターを務めています。


今週(5月16日、午前11時)の番組では、クラロン社を取り上げて放送される予定です。1,100校以上の小中高の体育着の製造販売をしている同社の特徴は、障害者雇用率35%に達していることです。普通の中小企業の障害者雇用率が1.4%に留まっていることを考えると35%は驚異的な数字であり、90歳の元気な女性会長が率いることも驚異的であると考えられます。本番組では、このように元気かつ斬新的な経営活動を展開している県下中小会社を毎週ピックアップして分析しています。

震災以後厳しい経営環境の中で頑張っている県内中小企業の活躍像、県内中小企業を取り巻く経営環境変化と実態、新たな中小企業経営活動と戦略の在り方などに興味を持っている方に、この番組は必見であると考えています。

番組案内:「新たな未来へ!ふくしま経済ナビゲーション(福島放送)
毎月第3土曜日 午前11時放送!
http://www.kfb.co.jp/tv/economy/


提供:西川和明教授




(文責:尹卿烈)