2014年6月6日金曜日

小山良太教授が学長学術研究表彰の受賞者第1号に選ばれました

経済経営学類の小山良太教授(農業経済学、地域経済学、協同組合論)が、本学の学長学術研究表彰に選ばれ、その表彰式が6月4日(水)、事務局棟大会議室で行われました。

学長学術研究表彰は平成25(2013)年度に新設された本学の表彰制度です。先進的または独創的な研究を実施している研究者等の特筆すべき研究成果をたたえるとともに、その研究成果と研究内容を学内外に広めることにより、本学教員の研究意欲の向上、さらなる研究の活性化および科研費や共同研究費などの外部研究資金の獲得をいっそう推進することを目的として制定されたものです。小山教授はその第1号に選ばれ,表彰状と報奨金30万円が贈呈されました。


小山教授は、震災・原発事故後の福島県の農業問題に精力的に取り組んできました。とくに農地の放射性物質の調査、安全検査体制の提案、風評被害対策です。食と農の復興に関する最新の知見を学ぶ「ふくしま未来食・農教育プログラム」や、学生とともに県産品をPRする「復興マルシェ」なども手がけています。こうした様々な取組が評価され、受賞に結びつきました。

なお本件は地元紙である福島民報と福島民友でも2014年6月5日付で報道されました。

小山教授(前列右から2番目)、真田経済経営学類長(前列右端)、中井学長(前列右から3番目)

笑顔を見せる小山良太教授


受賞記念講演が下記の日時で開かれます。入場無料、事前申込不要です。

日時:平成26(2014)年6月24日(火)17:00-18:00
会場:福島大学共通講義棟L-3教室
題名:原子力災害からの食の安全と農の再生のために果たす福島大学の役割

※お越しの際は公共交通機関をご利用ください(JR東北本線 金谷川駅下車 徒歩10分)
※同日18時より、L-2教室にて、福島大学大学院経済学研究科 一般公開講座 地域産業復興プログラム:ふくしま未来食・農教育プログラム(講義)についても一般公開いたします。ぜひご参加ください。

■問い合わせ先
福島大学研究協力課
024-548-8009
kyoudo @ adb.fukushima-u.ac.jp
※メールの際は、アットマーク(@)前後の空白を削除してください。