2013年12月3日火曜日

第34回 制度会計研究会が開催されました。

12月1日(日)13:00より17:00まで、経済経営学類プレハブ共用棟会議室②において、第34回制度会計研究会(主宰は高崎商科大学短期大学部教授・成川正晃氏)が開催されました。

当日は学外2名の先生による報告とそれに基づく討論が行われました。本学からは、稲村健太郎准教授、衣川修平准教授および平野が出席いたしました。

報告の主題となった「遡及適用」「割引現在価値」とはいずれも、実務的にも理論的にも大きな論点を提供する概念であり、8名の出席者からはそれぞれの立場から質問や意見が提起され、予定終了時刻を過ぎても白熱した議論が交わされました。

**************

第34回 制度会計研究会
2013年12月1日(日) 13:00から16:30まで

第1報告 
 「過年度遡及会計基準と簿記上の問題点」
報告者: 中野 貴元氏((株)ユビキタス)

第2報告 
 「IFRSの動向と割引現在価値の意義」
報告者: 金子 友裕氏(岩手県立大学)

**************
                        文責:平野 智久(講師)



提供:成川正晃先生