2012年11月21日水曜日

教養演習紹介:中村陽人ゼミ・学外研修を通して

※後援会報  第44号 (2012.8/1発行) 転載記事

荒木 渉(中村陽人ゼミ生)

私たち中村ゼミは男女合わせて19人で構成されており、笑顔や話の絶えない元気ハツラツとしたゼミです。私自身最初はみんなとなじめるかどうか不安でしたが、その不安はすぐになくなり、今ではゼミの時間以外でも話をしたり、遊んだりしています。そんな私たちは5月19日にほかのゼミと合同であぶくま洞の見学とゼミ対抗のバレーボールを行いました。

あぶくま洞の中へ入ったときは、外の温度とは全く違い涼しく感じました。洞内へ進むと広い空間が現れ、天井から垂れ下がった大きな鍾乳石が数えきれないほど連なっていました。さらに鍾乳石に当てた光が緑や青、オレンジなどいろんな色へと変化させたため、とても神秘的でした。

ゼミ対抗のバレーボール戦では、中村先生も私たちのチームに参加していただき、白熱した試合になりました。サーブを連続して決めることで高得点を稼いだり、ボールに必死に食らいつき、みんなでサポートし合って繋げていったりしたため、相手チームに次々と打ち勝つことができました。
惜しくも優勝は逃しましたが、みんなとの絆を深めることができました。これからも皆で助け合い、かつ切磋琢磨しながらゼミに取り組んでいきたいです。

************************************************************

福大キャンドルナイト(2011年12月撮影)

















写真は、昨年の12月に、福島大学の中央広場で行われたキャンドルナイトの様子です