2012年11月26日月曜日

大学院経済学研究科: 公開授業(原子力災害から地域産業の復興を)・相談会のお知らせ:12/7

大学院経済学研究科において、下記のとおり公開授業及び大学院入学、授業の履修に関する相談会を開催いたします。

大学院入学や大学院授業科目の受講をお考えの方・興味をお持ちの方は、この機会に是非、お出かけください。(大学院経済学研究科の概要については、こちらの、「2012open_ura.pdf」をご参照ください。)

  • 日時: 2012年12月7日(金)  
                       公開授業:     19:00~19:50  
                       入試相談会:  20:00~20:50
  • 場所: コラッセふくしま 4階 多目的ホールA 
福島市三河南町1番20号(JR福島駅西口より徒歩3分)


【公開授業科目・講師】

原子力災害から地域産業の復興を
講師:小山 良太(准教授)

【授業概要】

原子力災害が地域社会・経済・産業に与える影響について、その全体像は未だに解明されていない。福島県の地域産業に関しては、「風評」被害が 収束せず、事業継続意欲の減退が顕著にみられるようになってきている。福島県は多種多様な農産物を生産し、観光業も含め関連産業への波及効果も大きい地域であった。それゆえ原子力災害の影響は極めて大きい。この克服のためには、大学や研究機関における試験研究の成果を、迅速に地域にフィードバックし、「地域産業の復興」につなげる体制を構築すること、復興の担い手を育成することが必要である。福島県に研究・教育・人材育成の拠点を設け、地域住民や市町村と接しながら調査研究・実践的教育を進めること、いち早く情報を公開すること、有効な対策を迅速に普及することが求められている。本公開授業では福島県における原子力災害の現状と課題について最新の研究成果を公開する。

【入試相談会】

公開授業終了後、行います。


【申込方法】

メール、FAXまたは電話にて、『福島会場希望』とご連絡の上、氏名、連絡先をお知らせください。 
メール: 応募期間が過ぎたため削除しました。
FAX :  024-548-3182
TEL :   024-548-8353

【締切】

12月6日(木) (会場の関係上、先着100名とさせていただきます。)

なお、このお知らせは、こちらの「2012open_omote.pdf」にも掲載しています。