2011年10月24日月曜日

学術講演会「いま福島の未来を構想する -放射線リスクとエネルギー経済-」のお知らせ:11/7

次のとおり、福島大学経済経営学類 学術講演会を行います。


  • 日時: 2011年11月7日(月) 13時00分~14時30分
  • 場所: 講義棟 L3教室 


【タイトル】 

いま福島の未来を構想する - 放射線リスクとエネルギー経済 -

講師: 朴 勝俊氏 
(関西学院大学総合政策学部 准教授) 

なお、この講演会は、経済経営学類の 「ミクロ経済学Ⅰ」の授業において行います。「ミクロ経済学Ⅰ」の授業を履修されていない方もご参加頂けます。福島大学の関係者以外の方も入場料無料で、事前の手続きなく、ご参加いただけます。

■朴 勝俊先生の主要業績
  • 著書: 朴勝俊『環境税制改革の「二重の配当」』晃洋書房、2009年 
  • 翻訳書: ペーター・ヘニッケ/ディーター・ザイフリート著「ネガワット発想の転換から生まれる次世代エネルギー」省エネルギーセンター 、2001年 
  • 論文:朴勝俊「原子力発電所の過酷事故に伴う被害額の試算」『国民経済雑誌』第191巻第3号,pp1‐15、2005年 
  • 論文: 李秀澈・朴勝俊 [韓国語]「韓国の新再生エネルギー電力支援政策-EUと日本の制度比較分析を通じた支援政策の現状と課題」、『環境政策研究』、韓国環境政策評価研究院、第7号4巻、 2008年 
  • 論文: Park Seung-Joon “Internationally Harmonized Carbon Tax for Developing Countries”, Asia-Pacific Tech Monitor (UN-ESCAP)、2010年
■朴 勝俊先生の経歴
  • 2002年3月 神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程修了 博士(経済学) 
  • 2002年4月-2011年3月 京都産業大学経済学部 准教授 
  • 2011年4月- 関西学院大学総合政策学部 准教授 (現在に至る)

【問合せ先】

沼田 大輔(准教授) 
numata @ econ.fukushima-u.ac.jp 
迷惑メール対策のためにアットマーク(@)前後に空白を設定してあります。メール送信の際はこれらの空白を削除してください。


上記の情報の掲示物は、こちらの「20111107koen.pdf」をご覧ください。福島大学ホームページの「ニュース&トピックス」のこちらにも掲載されています。