2011年1月31日月曜日

循環型社会の実現へ 3R促進へ可能性探るデポジット制度(沼田大輔准教授:民友新聞報道記事)

※福島民友新聞 2011/1/25 企画特集面 「みんゆうエコ通信」の「暮らしにエコを 地救生活」転載記事(福島民友新聞社 転載許可済)。

※※掲載3か月を経過したためブログ管理者が記事を削除しました。


***************
提供:沼田大輔准教授























提供:沼田大輔准教授





















写真は、福島大学附属図書館を入ってすぐのところにある、弁当容器の回収ボックスです。福島大学施設部・福島大学生活協同組合・福島大学附属図書館の協力のもと、沼田准教授のゼミで作って設置しました。この回収ボックスを活用して、福島大学共生システム理工学類の環境計画研究室が「環境の見える化」の取組をおこなっています(燃えるごみのごみ箱に貼られた掲示物がそれです)。(2011年1月 沼田准教授撮影)

****************
提供:沼田大輔准教授
提供:沼田大輔准教授
提供:沼田大輔准教授








































写真は、福島大学生協、S講義棟内、L講義棟内にある弁当容器の回収ボックスです。福島大学施設部・福島大学生活協同組合の協力のもと、沼田准教授のゼミで作って設置しました。福島大学ボランティアサークル key's さんのペットボトルキャップの回収ボックスも見えます(2011年1月 沼田准教授撮影)
*********************