2011年1月4日火曜日

第3回(2010年度)経済経営学類 合同ゼミ発表会の報告

あけましておめでとうございます。昨年は皆様に大変お世話になりました。今年もよろしくお願いします。

経済経営学類の小山先生、教育GP担当の朴相賢さん・佐藤洋美さん・高橋陽子さんから、2010年12月17日に開催されました経済経営学類専門演習合同発表会を終えての報告を頂きました。ゼミ活動の様子の一端をご覧ください。なお、本発表会のプログラムは2010年12月13日に本ブログ掲載の「経済経営学類専門演習合同発表会」をご覧ください。

朴 相賢・佐藤 洋美・高橋 陽子経済経営学類教育GP

2010年12月17日(金)13時より、本学共通講義棟L2・L3教室にて、「経済経営学類専門演習合同発表会」(主催:経済経営学類教育GP)が開かれました。


本年は過去最大規模で経済経営学類の専門演習の14ゼミ、計242名が参加しました。当日は、福島県庁からも5名の視察者が参加し、熱心に学生の報告を聞いていました。また、ゼミ参加前の1年生や他学類からの見学者も何名か見られるなど、学内での関心の高さが伺えました。

発表は、各ゼミ持ち時間を20分とし、日頃の研究の成果が報告されました。今回は、経済経営学類の全ての専攻(経済分析専攻国際地域経済専攻企業経営専攻)からの参加があり、どのゼミも個性あふれる発表で、質問にもいきいきと答えていました。過去2年に比べ参加学生からの積極的な質問が増え、時間制限の中で答えきれないほどの状況でした。学生からは、他のゼミがどのようなテーマでどんな手法で研究しているのかに触れることができ、非常に参考になったとの声が聞かれました。特に、中村陽人ゼミナールの報告は全国レベルのマーケティングコンテストで上位入選を果たすなど、大変優れた発表で、大きな刺激を受ける内容でした。

学生生活の中で、他専攻と関わることができた本発表会は、学生にとっては、貴重な経験となったと思います。卒業生からは在学時にこんな合同ゼミの場があったらよかったなという声も聞かれるほどです。この発表会をきっかけに、向学心を深め、より充実した学生生活を送って頂ければ幸いです。

最後に、今回の発表会にご参加・ご協力くださった全ての方に感謝申し上げます。

提供:経済経営学類教育GP

















提供:経済経営学類教育GP