2010年12月6日月曜日

第2回 『街なかマルシェ』 報告

このブログで紹介しました第2回『街なかマルシェ』(2010年10月10日・11日)の報告を、経済経営学類の教育GPの担当の方を通じて頂きました。ゼミ活動の様子の一端をご覧ください。

小野 愛実(小山良太ゼミ3年)

10月10日・11日、街なか広場で第二回『街なかマルシェ』を開催した。県北地方全域から出店をお願いしたところ、相馬漁協をはじめとする、約20強の店舗が参加してくださった。

2日間にわたり開催されたマルシェは、例大祭と同日開催だったこともあり、予想以上の来客であった。そして今回はマルシェの目標として、ストーリー性を重視した販売を試みた。売られている個々の商品のストーリーやそれに込められた思いなどをお客様に売り込んでいくというものである。


その結果、お客様との対話がいかに必要かといったことが見えてきた。地消地産の実現まで、我々マルシェFも更なる努力を続け、地域の皆様のご理解、ご協力を得ることが必要であると実感した。


提供:経済経営学類教育GP

提供:経済経営学類GP



写真は、2010年10月に開催された第2回「街なかマルシェ」のひとコマです。( 2010年10月10-11日 撮影)