2010年10月4日月曜日

専門演習紹介:奥本英樹ゼミ

※後援会報 第40号(2010.7/28発行) 転載記事

阿部  将也・内田 拓也・木村 吉貴・須藤 茉耶(奥本英樹ゼミ)

私たち奥本ゼミは、男子11人、女子7人のめちゃくちゃ個性的な18人で活動しています。主な活動としては企業経営を学ぶために実践的なビジネスゲームをしています。ビジネスゲームとは、3人1組のグループを作り、会社を設立したと想定し、他会社よりいかに多くの利益を上げられるかを競うものです。大変奥が深く複雑なゲームですが、皆真剣に楽しく取り組んでいます。

5月にはゼミの仲間との交流を深めるために合宿をおこないました。合宿初日には建設途中のテーマパークである「イワナの里」をプロデュースしてほしいとの依頼を受け、実際に見学しに行きました。あいにくの雨でしたが、施設をまわり、経営者の方のお話を聞くことができました。夜には温泉に入りおいしい料理をいただき、その後はコテージに泊まりました。コテージではみんなでわいわい騒いで楽しい夜を過ごすことができました。この合宿を通してゼミのみんなと強い絆が生まれました。合宿が終わってから経営者の方をお呼びして、グループごとに「イワナの里」の改善案を発表しました。

私たちのゼミのボスである奥本先生は、人生経験が豊富で、私たちに色々タメになるお話をしてくれます。まさに人生の先輩のような頼れる先生です。その頼れる先生のもとで私たちは、大学生活をより深いものにしていけるように日々精進していきたいと思います。

************************************************************
提供:写真部

写真は、福島大学の中央広場の様子です。(福島大学写真部 2010年5月撮影)