2009年4月22日水曜日

専門演習紹介:小山良太ゼミ

小山良太ゼミ生
小山ゼミは、地域政策、地域づくり、地域振興計画などを総合的・実践的に学ぶゼミナールを運営しています。

ゼミの内容は、経済学の基礎理論、地域政策論、地方財政論、地域産業論、産業クラスター論、内発的発展論、農業経済学、協同組合論など学際的な広がりを持っています。また、地域調査の実践など3年次の共同研究をベースに、4年次の個人研究(卒論指導)を行います。

2.3年次の地域調査を踏まえ、2008度は「産直屋台いなGO!」という地域アンテナショップを運営しました。その成果は、『東北・北海道学生経済ゼミナール大会(通称:北ブロ)』(8月)や全国まちづくり商店街サミット(10月)、福島大学経済経営学類合同ゼミ発表会(1月)などで発表し、各大学、地域や企業に対して広く情報提供を行っています。

このような活動を通して、当ゼミの学生は、地域の多様な関係機関・団体、地域経済などを学ぶ他大学の学生たち(2008年度は北海道大学、東北大学、東北学院大学、東京海洋大学、東京農業大学など)、地域の住民・農業者・商店・企業の方々との交流や情報交換を恒常的に行っています。

また、当ゼミは、教育GP(グッドプラクティス)「産直屋台いなGO・街と農村を繋ぐ地域企業-ネットワーク型地域づくりへの大学・学生参画と経済・経営・会計の融合による実践教育プログラム-」(h20-22年度)に参加し、経済・経営・会計の各専門ゼミと連携した教育活動を実施しています。

提供:小山良太ゼミ